このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

創業から百余年、今も変わらない松屋の理念

松屋四代目店主 中川 憲一

 『魅力』とは、人を引きつける力、決して無理をしたり着飾るものではなく、むしろ完全な自然体。しかしそれは、『日頃の精進と努力、練磨による裏づけのあるもので、日々感動と感謝を忘れず、反省と学習を怠ることなく、心を磨く努力をするものが得られる力』であると考えています。
 ひとはそんな魅力のあるところに集まります。当店も、「夢」や「情熱」そして「行動」に包まれた、そんな店作りとものづくり、人づくりを大切にし、お客様がお気軽に、自然と愛着をもってお立ち寄りいただけるお店でありたいと思っております。
 昨日の自分より、今日の自分が半歩でも前に成長し続けていけるように、『お客様の喜びが我々の一番の価値』であるという想いを胸に、松屋の御菓子を、一人でも多くの、少しでも遠くの方々にも召し上がっていただけますよう、日々、努力を怠ることなく精進してまいります。


様々なメディアで取り上げられました!

テキスト

タウン誌「Leaf」

「あっと言う間にふわっと…、でもコクは残ってますね。控えめな甘さが美味しい。」

KBS京都「京のいっぴん物語」

「新しい技術と和菓子以外の食材を取り入れた、新感覚の和菓子です。」

毎日放送「ちちんぷいぷい」